カテゴリ: 田口

あけましておめでとうございます

ろりたんです

あけてしまいました
仕事が始まってしまうのが本当に憂鬱です

 新年、バンドの活動も早速あります!
ちらほら予定が入ってきておりますので追々告知します

手始めに2月2日ですね!
渋谷でライブするのでお待ちしております





そして本題

先日お友達のバンドがカウントダウンジャパンでライブをしまして演奏の心地を聴きました

やはり難しいとの事…

僕の通っているギターレッスンの先生にもお話を伺いましてその方は普段は多方面で演奏をしている方でして大きい会場も一通り経験があるそうで先生曰く

「ある一定のラインから箱が大きくなればなるほど演奏者としては気持ちいい演奏が出来なくなる」との事


もちろん感じ方は人それぞれではあると思いますがステージが大きく反響するような場所だと自分の演奏の音が壁に跳ね返りタイムラグがあってから耳に入り聴けたもんじゃないと…

ステージが大きいと各楽器が離れるから小さいライブハウスのようなカオスな音の聞こえ方ではなくなりモニターはしやすくなるが、逆に離れているのでモニターの音をしっかり調整しないと他のパートの音は全く聞こえないらしいですね

またそれらを解消するためにイヤモニを導入するらしいのですが
そうすると景色こそ大きいステージですが聴こえてる音は普段のPC環境下での練習と似たものになるため演奏が気持ちいいとはならないらしいです



そのバランスがとても難しいところだねーってお話をしました
 
感じ方は人それぞれだし、
大きいところでやる景色は圧巻だし
小さいところでやつ密度のある音もやはり最高らしいのでどちらも素敵な環境だよねって結論でした





p.s
僕もCDJ出たい



こんにちは
仕事中うんこしてたら派遣の人に
「めっちゃうんこ出てましたね」

と指摘されたろりたんだよ





最近
ライブするといつもありがたく音に関してお世辞でも本音でも一言褒めてもらえることが多いので

まだまだ未熟ですけど現段階での音作りと考え方を少しお話ししようと思います


ギターは個体によって音も違うし弾き方によっても違うという前提でいくぜ!

まずギターはPRS-MIRA
愛してやまないギタリスト大和さんと同じギターですね




次がアンプシュミレーターの



fractal audio system-AX8
これが最高なんですわ



ライブ時の配線は

ギター→AX8→PAさんにLINE出力
                   ↓
                     →JCリターン挿し

といった感じです


外音にはAX8から直接出力
中音の自分へのモニターにはJCのリターンで鳴らしてます

ですのでお客さんの聞こえてる音と僕が聞こえてる音は違いますね


アンプのモデリングは
Peaveyの5150

キャビは
多分フリードマンのなんか
(ir買ったからわかんない)

といった感じです

 
アンプの設定は会場とかで微調整はもちろんしてますが基本的には
Lowを9時くらい
midを12時くらい
あとは11時くらい

とざっくりな感じです
どのアンプでも基本的にこんな感じかもしれないです

歪みは10段階で行くと4くらいをアンプでかまして
アンプより前にチューブスクリマーとかオーバードライブをgain0〜1の間で掛けます


これが普段の音作りになります
バンドでは
どちらかというと篭った音が好きなので篭り気味にしてもう1人のギターに邪悪な音を出してもらってます



機材がAX8なんで参考になりづらいかもしれないですけど
他人の機材を使って音作りしてもわりと似たような音に着地しますし、EQや歪みの多さはアンプの実機やエフェクターでも同じようにしていたので
僕みたいな音を使いたいと思う日があればご参考にどうぞ


美波さんのライブに行ってきました。



たまに音楽について真面目なブログを、、、

1人の売れないバンドマンの語りですわよ


過去に色んなアーティストに影響受けて

色んなアーティストのライブにも行ってきたろりたんですが

YouTubeでMVを少し聴いて衝撃を受けてその瞬間、その場で音源を購入したアーティストは美波さんだけなんです



その曲は美波さんの

「main actor」

という楽曲です。

https://youtu.be/jb4ybTQwcdw



この曲を聴いた時、ろりたんの中で何かが起きて即購入ですよ…


入りから心を掴まれて、入りの語りは結構な人が1度くらいは思うような心情で共感する部分もあり、そして何より美波さんの感情がこもりまくった歌声


感情こもりすぎてもはやこちらの共感をカツアゲですよ


また歌声にはもはや過度と思うくらいブレス音が入ってるんですけどそれがまた心に訴えかけてくるんですわ

挫折しかけてるけとがむしゃらに、必死に歌ってる感がすごい伝わるわけです
ファルセットもすごいかっこいいし、がなり声っていうやつ?も凄く気持ちいい

加えて、美波さんギターが上手い
そしてライブだと弾き方にまで感情が伝わってくるわけです




ラジオやツイキャスとかも視聴した事もあるんですけど本当に物事をよく考えてる人なんだなと強く感じております



また、最近いろんなバンドを見に行く機会があるんですけど美波さんのバンドメンバーもまたすごく良い


今年の初めくらいに観に行った
ずっと真夜中でいいのに。
通称ずとまよさんは
バンドメンバーさんはゴリゴリのスタジオミュージシャン達で最強のメンバーたちがボーカルをサポートしてる形


僕が愛してやまないDOPEDOWNはメンバーそれぞれが元々知名度も技術もありその全員がゴッリゴリにパワーを奏でてくれる形

 


対して
美波さんのバンドメンバーさん達は一体感をすごく感じました。
 
メンバーさん達の元々の出会いは存じあげませんが上2つのようにスーパー上手いってわけではないんですが
例えるなら「長年の付き合いによるチームワーク」的なイメージです


ギターの方がアンコールの最後の最後の曲でチューナーをつけっぱなしにしてしまって曲の入りのリフを弾けないシーンなど
一見ただのミスにみえるんですけど僕からしたら凄い良いワンシーンでした
いい意味で人間味があるというか

つまり最強のメンバーだったてことです


こういう、感情に訴えかけるような音楽は僕には作れないしバンドの色でもないのでめっちゃ好きなんですよ




みんなも聴いてね


あと、バンドでの次のライブも決まったよ
詳細はそのうち

こんばんは
日々仕事で精神が崩壊に近づいてるろりたんです



青春の1ページの続きですね
思い出すと甘酸っぺえええww


みてない人はパート1をみてね








「2組のB男がサユリに告白したらしい」


そんな言葉を聞いた僕はとても言葉に表し難い感情でいっぱいになっていた

しばらくサユリをみることも出来ず授業も耳には入らず強がってはいたが確実に精神ダメージを食らっていた


同じ教室にいるサユリは何も変わらずいつも通りだったがその裏には1人の男に想いを伝えられて心に変化があったんだろうなと思って僕はサユリを避けていた



しかしある時こんな言葉を聞いた


「サユリちゃんB男の事ふったらしいよ」




生きてきてこの時ほど安堵した事はないだろう

初恋の人が告白してきた相手ふったんだからそりゃ安心するさ


それと同時に周りの女子がやたらと僕とサユリに会話をさせようとしてくる

当時の僕は気づくのが遅かったが
つまり周りは僕とサユリが両想いと知ってくっつけようとしていたのだ
それを知らない僕はからかわれているんだといつも感じていたがしかし好きな女子と話せる空間を周りが作ってくれる事に感謝も覚えていた

そして徐々に両想いを知っていって恋愛というイベントで1番楽しく、快感で、安心、充実を感じられるシーズンに入る


それは

「互いに両想いと理解した上で告白のステップに進めず日々意識しあう」

というシーズンだ

これほんと幸せな時期だよね

当事者たちは本当に楽しい時期だが周りからしたら

「いい加減くっつけや」

と痺れを切らす者が現れる

そんな輩の策略により


僕とサユリは地元の夏祭りに2人で神社へと続く山道を登り、頂上で僕は告白することになった

両想いとわかっていても初めてのお付き合いの申し出は死ぬほど緊張した記憶が色濃く残っている


そんな緊張を乗り越え、告白をして僕はサユリとお付き合いする事が出来た

山へ登山する時は他人だった2人が下山の時には恋人となっていた







付き合うまで3〜4年かかった初恋だったが2ヶ月で破局した
初恋なんてこんなもんだよね


昼のデザートに食べたプリン…
腐ってたのかすごくしょっぱかったぜ…( i _ i )


大人になった今、こんな甘酸っぱい恋はもう出来ない

僕の周りでは男も女も



「この前、○○とやっちゃった」


「彼女には言うなよ?この前○○とやっちゃった」

のような話で溢れかえっている




これが大人になるって事なのかもしれないですな…








小芝風花ちゃんと
ディズニーいきてーーー!

↑このページのトップヘ